田舎暮らし用に格安物件を購入して、別荘にしたり、資産運用、災害対策などとして土地を所有しておけばいざというときに安心です。

 
 
 
 

今週の注目格安土地

準備中

田舎暮らしの格安土地を検索しよう!

この他にも格安物件がたくさん 物件検索

格安土地が生まれる秘密

なぜ格安土地が生まれるのか? 格安土地の秘密

災害時の避難先は絶対に必要

あなたの家族を守ろう!  災害時に備えて

今が買い時!優良不動産の底値は近い

優良の土地には限りがある!  優良な不動産とは

あなたにあわせた上手な土地の選び方

目的にあった土地を探そう 格安土地の選び方

格安土地を選ぶコツ

格安土地はこうして選びましょう! 格安土地を選ぶ手順

田舎暮らしを実行するために貯金を使い果たしてはいけません。お手持ちの資金を有効に活用して格安土地を手に入れましょう。あなたの目的にあった物件の選び方が有りますよ。

▲ページTOPへ
 東北の地震から数年が経過しました。東北に住んでいる人でなくても、あの地震を目の当たりにした直後は、いろいろな備えを始めたと思います。しかし、そろそろ脇が甘くなってきているころではないでしょうか?

■ 田舎の格安物件を購入し、避難所を作りませんか?

 地震や災害に対してはいろいろな備え方があります。その中でも究極の対策は、普段生活しているエリアから離れた田舎に、不動産や土地を確保しておく方法になります。もちろん普段は田舎暮らしを満喫するための別荘として機能するのですが、いざというときには、交通や電気ガス水道などのインフラが整うまでの仮のシェルターに、田舎の別荘がなってくれるのです。

■ 震災後には格安物件も値上がりをした、ぷち不動産バブルがあった

 正確な情報源を持っているわけではないですし、具体的なデータも手元にはないので真偽のほどは定かではないですが、一部の情報によると、東日本大震災の直後に有名別荘地の不動産価格が上昇したという情報があります。高級物件から格安物件まで等しく上がったようですが、その理由は何だったのでしょうか? 恐らく大都市圏から離れた場所に土地や不動産を所有しておけば、いざというときにそこへ脱出ができると、多くの人が考えたからだと思います。

 もちろん避難所としての役割だけではありません。田舎に不動産を持っておけば、普段は田舎暮らしを満喫する拠点にもなります。お子さんが居れば、長期の休みを使って家族で出掛け、1週間くらい滞在する楽しみ方もできます。周辺に森があり、湖があれば、子どもは何でも遊びを見つけて楽しんでくれます。格安物件でも構わないのです。普段から都会に住んでいる方であれば、田舎暮らしでリフレッシュできます。田舎暮らしがあるからこそ、都会暮らしも新鮮な感覚で満喫できるのです。

■田舎暮らしは高級別荘である必要はない。格安物件でも手軽に田舎暮らしをスタートできる

 当たり前の話ですが、田舎暮らしは高級別荘地を用意する必要もありません。何となく別荘や田舎暮らしのセカンドハウスという言葉を耳にすると、それなりの高級物件のイメージがあります。しかし、格安物件、格安土地で全く構わないのです。軽井沢や那須など一流別荘地を選択するから高く付くのであって、その他にも日本には山間部には土地が豊富に余っています。田舎暮らしは、格安物件、格安な土地で始められるのです。

 考えてみてください。子どもからすれば高級別荘地だろうが無名の別荘地だろうが、関係はありません。自然があり、美味しい水があり、いざというときにシェルターになってくれる場所であれば問題ないのです。

■一部の別荘地を除けば、格安物件は田舎に溢れている

 試みに日本地図を広げて、有名テレビ番組のように、地図に向けてダーツを投げてみましょう。刺さった町を調べてみれば分かりますが、ほとんどの町や村が格安物件、格安な土地を抱えています。控え目な中古軽自動車と同じくらいの値段で格安物件が売りに出されており、無理せず田舎暮らしがスタートできてしまうのです。

 別に本格的に移住をする必要もないので、田舎暮らしは格安物件でいいのです。毎月の余剰資金からほんの少しお金を捻出(ねんしゅつ)すれば、好きなときに田舎暮らしを楽しめる拠点を、今は手に入れられる時代になっているのです

 しかし、あまりにも自宅から遠過ぎる場所に不動産を持っても意味がありません。避難所という見地から考えても、自動車で一晩あれば到着してしまうくらいの距離の土地がいいです。繰り返し言いますが、田舎暮らしに4LDKの立派なログハウスは必要もありません。掘っ立て小屋のような格安物件を手に入れて、何年も掛けて手を入れていけばいいのです。格安物件を自分の手でいじる楽しさも格別です。

■ ロシア人のように、格安物件で田舎暮らしをスタートしてみる

 大金を掛けなくても、格安物件と格安の土地を選べば、誰でも田舎暮らしと都会暮らしの両立が可能です。ロシア人は庶民でも多くの人が、都心のアパートにプラスして郊外か田舎に土地と建物を持っています。日本で言えば格安物件を手に入れて、週末は田舎暮らしを家族で満喫しながら、そのたびに格安物件に少しずつ手を入れて、立派な建物にカスタマイズしていくのです。いい機会です。あの大震災を思い出して、格安物件で田舎暮らしをするための不動産選びを、スタートしてみてはいかがですか?

■ 都会生活と田舎暮らしを二重に満喫するための、安全な格安物件の選び方

 もちろん、安全な場所など日本にはそもそもないのかもしれません。人口が30万人以上存在する都市は、隣国のミサイルのターゲットになっているという噂もありますし、海に囲まれ、台風が襲来し、急流の川も多く、火山が活動する日本の国土には、常に災害リスクがあります。原子力発電所も日本全国にあるので、地震や津波で放射能が漏れる危険性もあります。発電所にミサイルを打ち込まれたら、どんな土地でもアウトです。しかし、そこまで考えてしまうと全ての努力が無意味になってしまうので、もう少し希望を持って日本の国土を眺めてみましょう。日本にもきっと、安全な場所はあるのです。

 その上で都会生活と田舎暮らしを両立するための格安物件、シェルター探しをスタートしたいのですが、便利な判断基準をお教えします。ご自分の自宅から自動車で通える距離に格安物件を見つけたら、その周辺に神社仏閣があるかどうかを確かめてください。

1、自宅から通える範囲に、田舎暮らしの拠点となる格安物件(土地)を探す
2、その周辺に神社仏閣があるかをチェックする

 このプロセスを何度も繰り返すのです。古くから存在する神社仏閣は、その土地の最も安全な場所に建っている可能性が高いです。数百年単位で振り返ると、どんな土地にも災害が起きています。そうした土地の特性を見極めて、神社仏閣は建造される、あるいは移設されるので、その周辺は比較的安全なエリアである場合が多いです。

 格安物件を見つけたら神社仏閣を探す、そのプロセスを繰り返しているうちに、田舎暮らしを無理なく始められる、かつ非常時のシェルターになってくれるような物件が見つかります。頑張ってください。

 とにかく今は不動産が底値くらいまで来ています。田舎暮らしを格安物件で始めるチャンスだと言えます。